うつから守る代表格のパキシルとジェイゾロフト

抗うつ剤の種類

うつ病には、日本国内だけを見ても実に様々な薬が処方されています。
人それぞれ、医師や症状によって処方される薬の種類はさまざまなのです。
それらの多くがが、抗うつ剤や睡眠導入剤などでしょう。
今回は代表的な抗うつ剤/抗不安剤としてよく比較される2種類の薬にスポットを当ててみたいと思います。
それではいってみましょう!!

まずはパキシルという薬です。
イギリスに本社を置く製薬会社であるグラクソスミスクライン社が開発・製造を行い、パロキセチンを有効成分とするこの薬品は日本でも2011年に販売が始まっています。
パロキセチンは無気力や不安な気分を解消させる作用があります。
うつ病だけではなく、女性の月経前症候群(PMS)や、拒食症や過食症などの摂食障害にも用いられているのです。
パーキンソン病nの治療薬であるレギリンや、安定剤のピモジドが併用禁止薬とされています。
副作用としては、口内の渇き、便秘、尿閉、ふらつき、めまい、吐き気眠気、不眠性機能障害、体重増加などが見られますが個人差があり、人によって副作用の出やすさや強さは大きく異なります。

つづいてはジェイゾロフトという薬です。
ジェイゾロフトは大手製薬会社のファイザー社による抗うつ剤・抗不安剤で、セルトラリンを有効成分としており、成分量100mgまでの規格が存在しています。
効果効能はパキシルと似ているのですが、こちらのほうが効き具合もマイルドで、副作用や薬が切れたときの症状(離脱症状)も軽いとされています。また依存症が低いことも特徴です。
したがって、パキシルが合わなかった、または副作用が強く継続が難しい方などがこのジェイゾロフトに切り替えることが多くあります。


どちらも「選択的セロトニン再取り込み阻害薬」の略であるSSRIと呼ばれる薬品であり、このSSRIは精神科の領域ではもっとも多く使われている薬品のひとつです。
なお、SSRIには他にもルボックス、デプロメール、レクサプロなどがあります。
いずれも現在日本で処方薬として認可されている医薬品になります。