うつから守る代表格のパキシルとジェイゾロフト

うつ病に対する効果と副作用

【うつに対抗する薬】
なんだか気分が落ち込んで、何もやる気が起きない、食欲もでないし、なかなか眠れない。そんなときは無いでしょうか?病院で診断をうけたら、うつ病との診断。
そんなときに処方される抗うつ剤は、うつ病に対抗する薬です。脳内シナプスの隙間全体に神経伝達物質の量を増やし、うつ症状を緩和することがこの薬の目的です。

【副作用が心配だけど、大丈夫?】
抗うつ剤には、依存性はないと言われていますが、うつ病に作用する脳内の神経伝達系だけでなく、他の神経系にも抗うつ薬が作用するため、副作用が生じる可能性もあります。具体的には以下のような発症が起こります。

口の渇き
便秘・排尿障害
胃腸障害
眠気
頭痛

副作用への対策として、かかりつけのお医者さんの指示を聞いた上で、処方することが重要です。代表的な薬を以下に紹介します。

【不安を和らげ、前向きな気持ちを促す薬、パキシル錠】
パキシルは気分が落ち込んだり、悲観的になったりしている状態を改善する働きがあります。
うつ病以外にも、強迫性障害やパニック障害、社会不安障害(社交不安障害)、PTSDと呼ばれる外傷後ストレス障害など、心理的精神的に不安定な状態に対しても応用利用されます。
副作用の回避のため、アレルギーや持病がある方は事前に医師に伝えておく必要があります。
また、医師からの説明を受ける際には、本人だけでなく家族も十分な説明を受けることが理想です。

【やる気が出ない、集中できない、眠れない。そんな症状に対抗するジェイゾロフト錠】

悲観的な気持ちや、なかなかやる気が出ない、眠れないといった症状に対抗する薬がジェイゾロフトです。
脳内の神経の伝達がよくなり、結果的にうつ状態が改善され、本人の気分も楽になると考えられています。
注意点としては、肝臓の悪い方や緑内障の方の他、てんかん、躁うつ病、躁病などの疾病があるが使用すると症状を悪化させることもあるので、慎重な使用が必要となります。特に躁うつ病の場合は逆効果になる可能性もあると言われているため、一般的なうつ病との見極めが非常に重要となります。
副作用によるリスクをさける為には、上記の薬と同様に、服用中の医師との相談は密に行い、本人だけでなく家族も一緒に医師から話を聞くことが重要です。

【まとめ】
適正に処方された薬と、正しい服用方法でしっかりと病気に立ちむかっていき、明るい私生活を目指しましょう。